お神楽づくりは最悪

FH195_L
建物の普請でもっとも危険とされているのは、”お神楽(かぐら)普請”である。これは、もと平屋の屋根をはずして、その上に二階の全部ないし一部を乗せたものである。
”お神楽”というのは、上に乗せた二階を、祭りのときに氏子たちが肩にかつぐ神輿(みこし)に見立ててつけた名称である。”お神楽普請”は、つまり安普請の代名詞で、決していい意味にはっかわれない。
この普請では、1階と2階は構造的には全く別のつくりになる。そのため、すこし横揺れがきたり、強風にさらされると、ときには文字どおり「く」の字状に曲がることさえある。
不動産に関しては、政府の動向にもチェックが必要です。家 高く売る ←こちらから不動産知識を養いましょう。
阪神・淡路大震災においても、”お神楽”の2階が1階をひき倒して、挫屈(柱などが折れ、破砕すること)し、道路に転げ落ちているような例も見られた。これは必要に迫られて、簡単に二階を継ぎ足した増築のツケがまわってきた結果とみることもできる。”お神楽”が地震に弱いのは次のような原因がある。
1.1階から二階へ”通し柱”が入っていない
2.もともと平屋の基礎の上に、二階屋を乗せているので、基礎がもたない
3.1階の柱も本来は平屋の屋根を支えるためだけのものであったのに、今度は二階全体の重量が加わってくる
4.新しい家具やピアノなどが、古い一階より新しい二階に置かれることが多い
5.1階に老夫婦が住んで、二階にその子供夫婦や孫たちが暮らすような例もあり、相対的に上階のほうが人が多い
結局1階と2階とが構造的に接合されていず、しかも二階が重くなっているケースが多いのである。
今回の被害では、”お神楽”の家の密集している地域もあり、こういうところでは、家々が連鎖的に倒壊している姿がみられた。また、逆に、家と家がぶつかりあって、かえって助かっているような例もあった。”お神楽”のこわさは、真下に家が落ちてくるというよりも、建物がねじれるように倒れることである。現に、南に面した2階の窓が、90度ねじれて西に向くような格好で、家全体がねじれて壊れているケースも少なくなかった。
さらに”お神楽”ではないが危険な家の形は、2階が居室で、1階が駐車場とか店舗などのように、1階部分に壁や柱が少ない構造である。こうした建物もやはり今回の地震で倒壊した例が多かった。

円形に広がる家の筋交い

FH194_L


さて、筋交いをする壁のほうは、柱の芯々で九10ミリ(91センチ=半間)を基準単位とするのがふつうである。しかし、ときには筋交いを一間(1820ミリ)にするとか、あるいは4尺5寸(1365ミリ)にすることもある。筋交いは、いわゆる”桁行”のスパン方向に、あるいは”妻側”(正面側)方向に対して、斜めに入っているのが正しい。当然、それぞれの長さが増すにつれて、筋交いの数が増えるのが望ましい。
いずれにせよ、筋交いは各方向に均等に入っていることが、建物の安定上、重要なポイントになる。
もし、筋交いが縦や横、つまりX、Y方向でバランスがとれていないようだと、揺れや大きな圧力に対して家が弱くなる。
一般的に建てやすくて、シンプルなのは正方形の家である。この場合、4隅にまんべんなく筋交いを入れる。長方形の家の場合も同様である。ただし、長辺の壁に入れる筋交いの量は、壁面の面積に応じて、短辺よりも多くするのが望ましい。
建物によっては、平面の形がL字型あるいはコの字型をしているような家もある。こういうときは、 基本的には正方形、長方形の集合体と考える。つまり、いくつもの小さい正方形と長方形が連続して並んでいるものとして壁をつくり、それぞれに筋交いを入れておくのが安全である。
問題なのは、ベース板状、6角形、8角形、あるいは扇型、円形など平面的に建て家が広がっているような形状の場合である。
こうした家では、中心の部分に求心的な力が働くような壁面をつくらないと、全体としては非常に弱い構造になっている。つまり、円周に沿って筋交いがあるだけでは危険なのである。
揺れに対しては、家が円形に近くなるにつれ、あたかも外側に破裂するような力にさらされる。だから、外周の壁とともに中心部の壁にも十分な筋交いを備えることが欠かせないのである。これは正方形のプランでも同じである。今回の地震で、家の中心部に筋交いが入っている家は助かっている。
お金をかけても大規模なリフォームをしないで地震対策ができる場合もある。←いろいろな物件を見て知識を得よう。
次に立体的な形を見てみると、もっとも危ないのは、やはり2階が1階より大きくなっているような構造である。二階屋の場合、1階と2階で同じ位置に筋交いが入っているときにもっとも安定する。
だから、両階壁面は基本的には同じ位置にあることが望ましい。店舗などでは、これを満たすのはたやすくないだろうが、柱の補強やつっぱりなどで手当てしたいものである。

壁に筋交いは入っているか2

FH193_L
申請書には三角形の記号で矢印とともにしるされる。あるいは、壁の中に1本の線であらわされていることもある。
たしかに、筋交いはその数量が多ければ多いだけ、建物は揺れに対して頑丈になる。しかし、反面、窓のスペースがとれなくなったり、とれても小さくしなくてはならないなどの弊害も出てくる。
ふつうは、筋交いは建物のコーナーの(2方向)と、柱間の中心あたりに4面入っていれば、まずはたいていの水平方向の揺れには耐えられるものである。
とはいえ、建物が平面的に大きくなる場合や、たとえばリビングなどが極端に広い間取りでは、壁の量の比率が落ち、安全度は下がる。もし、その上に2階がある家などは、危険性はさらに高まる。
すべき手続きはしっかり行いましょう。←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。
筋交いには90ミリ角(三寸角)の柱材を割ったものを使用する。1本を6つに割った”6分の1割り”、4つに割った”四分の一割り”もつかわれるが、やはり、柱材を半分に割った”半割り”が強靱である。さらに、この”半割り”を2方向に×印状に施すという本来の意味での「筋交い」は、もっと丈夫である。これは、東西方向および南北方向に、全壁面の1割5分から2割弱入れるのが一般的だが、2割以上入れるようにすればより安心である。

これから家を建てようという人は、基礎を掘るときには、自分の目で地面の中を見ておくことが必要である。また、建築関係者に対しても、この辺のことをよく質問して、確認しておくことが大切である。50センチも掘れば、おおむね埋め土か地山かは判別できるし、”水みち”の筋がどこにあるかも知ることができる。

壁に筋交いは入っているか1

FH192_L
筋交いというのは、柱と柱の間、土台と梁(はり) または桁(けた) の間に、斜めに入れた補強材のことをいう。×印状のものもあり、これは斜状のものより強い。筋交いを入れることで、建物の揺れに対する抵抗力は大幅に増える。では筋交いはどのように、どれだけ入っていたらいいのだろうか。
1950年に建築基準法が制定されてから建てられた建物では、筋交いを入れることが義務づけられ、1959年には筋交い計算というものが採り入れられ、壁や筋交いの量はきびしくチェックされるようになった。まず、すでに建っている家では筋交いの様子やその量を知ることが先決となる。
専門的に調べるときには、ファイバースコープをつかって、天井裏から壁の内部を精査するというような手段もなくはない。しかし、これは一般の人がやるとなると、費用もかかるし、技術的にもむずかしい。もちろん、リフォームの際などに壁をはがしてみればはっきりするが、これも特別なケー
スである。
更に詳しく調べるなら、←こちらがお勧めです。
通常は、筋交いの現状を知りたいときには建築の確認申請の書類を調べるといい。筋交いの量および壁面積は、確認申請を許可する段階で、かならず指導をうけ、明記することが求められるからだ。

この”サバッチ”は、平地を埋めるのには水はけがよく、良質の土砂であるのだが、山として見たときは崩れやすい。こういう山では、勾配が20.30%以上あると、大きな土砂くずれの可能性がある。
とはいえ、一般的には、ゆるい傾斜の山を削ってつくった造成地ほど安定度は高い。
逆に、盛土をした山地では、大きな地震や豪雨による出水時などにョウ壁がくずれ落ちることが多い。しかし、地震が起きても、ヨウ壁さえしっかりしていれば、大きな被害を出さずにすむことも少なくない。

頭デッカチの家は倒壊しやすい

FH191_L
敷地のチェックがひととおりすんだら、次は建物の本体を見直してみる必要がある。
阪神・淡路大震災で被害をうけた建物の多くは昭和から戦後にかけて建設され、屋根は厚い土の層の上に瓦を敷いた葺き土になっているという共通点がある。
これらの伝統的な建造物は、たしかに台風に対しては、屋根が飛ばされたり、家が倒壊しないように、配慮がゆきとどいているといえる。反面、今回のように直下型の地震にはもろい面をさらけだした結果になった。
こういう家では、地震により重い屋根がふられ、ほとんどの家は先に瓦が落ちてしまった。しかし、屋根の土のほうは長年にわたって硬化していて、地震で飛び散ることはなかった。そのため、5,6トンにもなる土の重量が建物全体にかかり、家が押しつぶされ、その下敷きになった人も少なくない。
さらに、家の壁も土で塗り上げたものが多く、屋根だけでなく壁の重さが加わり、被害を大きくしている。
この構造では基本的に柱間(はしらま)は、建具を置くように想定しているため、開放されることが前提になっている。このような一間(いっけん)=182センチ間隔の伝統的な柱間は、水平方向の振動に対しては弱い。
また、これらの建物は置石の基礎の上に建っているというケースが多い。あるいは、無筋のごく簡単な布基礎の上に乗っていることもある。つまり、全体をみると、家の上に瓦と土の重量が乗り、それをシンプルな基礎構造が支えているというスタイルになっているわけである。
今回、家が置石から完全に飛ばされ、あたかも足ばらいをくったようになぎ倒されたのも、頭デッカチの屋根のこの構造によるところも大きい。
このような建物はそれらがつくられた時代においては伝統にのっとったものであり、前述したように台風に強く、同時に住みやすく、かつ風格のある重みのある住まいとして尊重されてきた経緯がある。
更に詳しく調べるなら、←こちらがお勧めです。
とはいえ、これらの古い家はその文化的な価値にかかわらず、地震に対しては脆弱なことも事実である。したがって、頭デッカチの構造をもった昔からの家に住んでいる人は、改築や屋根の改造などもふくめた耐震対策をたて直す必要がある。ここでは建物の構造について、耐震のポイントを点検していくことにする。

地下水の状態を調べる

FH190_L
実は、山地の地盤でいちばん肝心なのがこの水の問題である。専門家が見たとき、「あそこは、危ない!」とピンとくる敷地は、必ずと言っていいくらい水みちのある土地であることが多い。
よく湿ったところ、水きりのよくない土地は、家を建てる場所としては不適当と言われているが、反対に水をどんどん吸い込んでしまうのも危険だ。
建て家の半分くらい下が傾いてきたというようなひどい例もある。この家の床下を調べてみたら、なんと土地が陥没していた。これは、昔の〃水みち″がそのままになっていて、土をどんどんさらっていたケースである。道路の底がいきなり抜け、その下は川になっていたなどというおそろしいケースも実際に起きている。
したがって、まずは家が建っている周辺の地形と水の関係をよく調べておく必要がある。敷地の上とは別に地下水の流れについても知っておく必要があるのだ。
もとが〃地山″の敷地では、小規模な伏流水の脈層が造成によってたち切られ、地下水がのり(法)面にしみ出ていることがよくある。また、造成する前にあった地下水の通路が残っていて、それが地層を分けてしまうこともありうる。
こういうところでは、たとえ”地山”であっても、地震が起きたりすると、そこから地層がズレて崩れ落ちる危険性がある。
建築の直前、布(ぬの)基礎をつくるときなどには地盤面より平均50センチ程掘る。これを根切りと言うが、掘った底や断面を見ると、帯のように地層があらわれたり、ときには途中で土の色が変わることもある。また、かって田や畑だった土地では、その痕跡がそのまま出てくる可能性もある。

リフォームなど大きな出費をしなくても、有効な地震対策も有ります。←こちらのサイトから安心できる物件を探してください。
”水みち”が多いときには、敷地周辺に溝をつくったり、水留めのコンクリートを打ちこむなどの対策が必要になってくる。

造成方法はどうか

FH189_L
次に建物の外に出て、敷地のまわりの造成地全体がどうなっているかを調べることも重要なポイントになる。
家が建っている土地は、平野、山を削ってつくった平地、谷や窪地を埋め立ててならした地面のいずれかである。
その地域の全体の地形を観察すれば、おおよそ見当がつくものである。ただし、地山か埋め立地についてはわかりにくいものもある。これを判別するには、家の敷地の前の道路に着目するといい。自分の家の前の道路が、山並みより低く削りとられてつくられているようなときは、地山を削った敷地である。
また、前面の道路と家の敷地がほとんど同一のレベルで、かつ道路の端が急激に下がっているようなときは、道路そのものが埋め立てでつくられたものである。この場合、家のほうは、安全な〃地山″か、半分が盛土の埋め立地のいずれかである。その位置の地盤にヒピが入っていることが多いからそれとわかる。
一方、周りの道路や敷地が平らか低かったら地山で、周りの敷地がこちらよりさらに立ち上がっているようなケースも、地山が浅い埋め土の可能性が強い。このときは水はけにも注意する必要がある。
ところで、かって土砂崩れで災害が起きた例をみると、山そのものが砂地であるところが多い。たとえば、六甲の山麓は岩石が風化してできた、通称”サバッチ”という砂によって構成されているところが大部分である。
地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。

家の状況でわかる地盤の異常

FH188_L
地盤の異常は、すでに家が建っている場合はその家屋をチェックすることで発見できる。
日頃から建てつけが悪い、壁にひびが入っている、引き戸が勝手に動く、床に多少の勾配がある(ビー玉などを転がしてみたり、水をこぼしてみるとわかる)などという場合、その建物が乗っている地盤に不均等な沈下が起きていると考えてよい。
こうした家は外部を調べてみても、やはり、モルタルの壁面にひびが入っていたり、基礎に亀裂が走っていることも少なくない。
ただし、モルタルや基礎の亀裂が、いわゆる表面”クラック”である場合もある。これは、材料の伸縮や急激な乾燥によって起きるもので、別名”ヘア・クラック”などとも呼ばれる。
「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。
”ヘア・クラック”であるかどうかは、クリップなどの針金をのばして、ヒビに差しこんでみて、深さをはかることで確認できる。ひびがモルタルの厚さの1,2センチ程度であって、それ以上構造に及んでいなければ、そんなに心配することはない。
しかし、クリップがするつと奥まで入るようなときは、基礎が割れていると判断しなくてはならない。地盤にもヒビがあるはずだ。
さて、かつては同一のレベルにあった敷地の地盤が、一部あるいは半分近くが沈下して、それでも建物はかろうじて水平を保っているようなケースもある。これは、建物の基礎のねばりによって家が支えられているからで、基礎についた土でわかる。このとき実際は建物の一部は、宙に浮いているわけであるからおそろしいことである。
このような場合はさらに基礎を太くしたり、その下にコンクリートを打ちこんで補強を行わなくてはならない。

地盤を調べる2

FH187_L
自分の家がどういう地盤に乗っているかを知っておくことは、地震対策を考える上で非常に大切なことである。しかし、専門家でない一般の人が、これを読みとり、判断するのはそう簡単なことではない。以下にそのポイントを示しておきたい。
まず、その地域に昔から住んでいる人たちに、以前の地勢や造成による土地の様子の移り変わりなどについて、よく話を聞いておきたい。もちろん、仲介の不動産屋さんや土地の造成にかかわった施工業者から情報が得られれば、それにこしたことはない。もちろん、この場合はそういう業者の善意が前提になる。次に自分なりに宅地の周辺を歩きまわってみて、あたりの山や谷を観察することも大事である。こうすればその土地が平地だったのか、山を削ってつくったものか、あるいは埋め立てたものかについておおよその見当はつく。
地震が起こってからでは遅い。建物設備の地震に向けた先行投資なら、←ここから情報を探せます。
不安のあるときや、より詳しく知りたいときは、ボーリングによる調査が必要になってくる。専門の業者に依頼し、ふつうは5メートル、ていねいにやりたいときは10メートルの掘査を行う。これにかかる費用は、1本15万円から20万円ほどで、敷地の前後または左右2か所掘る。

いちばん問題になるのは、図Bのように、家の前の半分が埋め立てで、後ろが”地山”になった”不整形な土地”である。これは道路や鉄道など、都市全体の構造についてもあてはまる。埋土と”地山”では、家に対する振動の伝わりかたが違い、これがもっとも恐い。ときには、この両者の間に小規模の断層が生ずることもありえる。そうすると、この反動で、土砂崩れが起きたり、基礎を引きさくような力が加わり、構造物は大きなダメージをうけることになる。

地盤を調べる1

FH186_L
阪神・淡路大震災では、かなり特異ともいうべき現象を見ることができた。それは、同じ地域であっても、地盤の状況によって、家に受けた損傷に明らかな違いが出たことである。わずか小川を隔てただけでも、一方の側の被害が対岸にくらべて際だって大きく出たところもあった。これは両岸の地盤の差によるものである。実際に耐震設計で一番恐いのがこの地盤のバラツキである。
業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。
神戸全体を見ると、北東から南西に走る活断層のある六甲山沿いでは、幅1キロメートルほどの地域に被害が集中した。一方、沖積層である海岸側では、2キロから3キロと被害地域が広がっている。
これははっきりと地盤の違いによる振動の差をあらわしている。筆者が設計した山沿いの家の揺れ方と平地では状態がまったく違っていた。
その中でも、埋め立てられた土地では被害が大きく、とくに埋め立てられて時間の浅い土地、また、かって小川や堀だったところを埋め立てたような土地では、被害の程度がひどかった。
このように軟弱な地盤が恐いのはもちろんだが、それ以上に危険なのが、不整形の地盤である。これは、たとえば、半分が埋め土で半分が盛り土のような造成地や、かって半分が宅地で半分が田(ひどい場合は、小川や池などの場合もありうる)のような土地である。この不整形な地盤については別項でくわしく述べるが、軟弱地盤や不整形な土地に家を新築するのは元来極力避けたほうがよい。不幸にしてこうした地盤にすでに自宅が建っている場合は、補強が急務になってくる。